整理収納アドバイザーブログ

こんにちは。静岡県浜松市のRe*blancショールームです。

気が付けば2018年ももうすぐ終わりつつありますね。

Re*blancでは、オーダーキッチンのご依頼が多いなか、今お使いのキッチン天板を交換されたい。とご依頼をいただきました。

建物自体の築年数が経過して趣のあるご自宅に合うように、何度も素材や色を打合せを重ね、お花とタイルがお好きなお客様ですので、タイル貼りをご提案させていただきました。
IMG_2012補正
既存のものと新しいものが混在する味わいのあるキッチンに仕上がりました。
IMG_2022 補正

アイランドカウンターは、厚みを出して角も丸く仕上げていますし、取っ手を黒くするだけでも見た目が引き締まります。
DSC_0017補正

見た目だけでなく、使いやすくなる工夫も忘れません。

天板を広げて収納スペースを増やしたり、炊飯器とお手持ちのミキサーが入る引出収納も作製しています。

 

 

IMG_2027

お客様の手作りが随所に盛り込まれた温かみのあるキッチンです。

 

年末の片付けも一緒に済みました。とおっしゃっていただきましたので、新しく生まれ変わったキッチンで良い年越しが出来そうですね。

 

 

 

こんにちは。Re*blancの収納レシピへお越しいただきありがとうございます。

 

6/8~6/11まで東京ビックサイトで開催されている住スタイルTOKYO2017に

Re*blancも参加しています。

住スタイル2

 

今回会場に展示させていただきましたUSMのワゴンをご紹介させていただきます。スティールブルー×ゴールデンイエローのカラーコンビネーションで、空間が華やかになります。

住スタイル

ブルーの引出しを開けると、明るい黄色が目の前に飛び込んでくるような、

ハッと視界が変わる景色を楽しんだり

ホームパーティーのような暮らしを毎日に取り入れてみたり

それでいて、引出しあり、そのまま置いて使える収納力も兼ね備えていたり

キッチンがどんな空間になれば良いかな。と考えをめぐらせてみたりして

毎日の暮らしを自分らしくする演出をキッチンから始めてみませんか?

 

新しい発想、自由な発想から、オーダーキッチンという選択肢も加えてみてはいかがでしょうか。

 

 

こんにちは!リブランの整理収納アドバイザースタッフです。

先日新築のお客様にオーダーの電話台のご相談をいただきました。

 

電話台before

こちらが入居直後のお写真です。

玄関からリビング空間に入るとすぐの場所に電話やモデム、太陽光の

非常用のコンセントなどがあり、その収納方法にお悩みでした。

 

検討した結果、下記のようにお作りさせていただきました。

 

オーダー電話台

左側が両開き戸、右側が4段引き出しのキャビネットをお作りさせて

いただきました。横幅は壁の幅ぴったりにお作りしました。

中途半端に余白を作るよりも、ぴったりにお作りした方が

かえって圧迫感が少なく、ぶつかりにくくなります。

 

 

両開き戸の中はこのようになっております。

配線隠し

下部分をモデム類やコンセント類の収納場所にし、上の部分は可動棚として

お使いいただけるようにしました。

 

手かけ式の引き出し

 

リビングに入るとすぐにあるキャビネットのため、極力奥行きを抑えて

扉も取っ手を付けずひっかかりの少ない仕様としました。

一番上の引き出しは一番使用頻度の高い場所なので、使いやすい

手かけ式に。隣の両開き戸も合わせてラインを揃えました。

プッシュ式引き出し

2段目以降の引き出しは、プッシュ式にすることで扉の凸凹を減らし、

すっきりとしたデザインに。

 

電話台は市販品ももちろんたくさん販売されていますが

あくまでも不特定多数の方のために作られているのでサイズや

色合いはそれほどお選びいただけません。

 

壁の幅ぴったりにお作りでき、色合いや扉の仕様も自由に選べ、

しっかりと固定できるのはやはりオーダーならではの魅力だと思います。

 

オーダー家具は新築やリフォームのお打ち合わせ段階で設計するケースが多いですが、今回のようにお引っ越し後にお作りすることももちろん可能です。

 

お家を建てられる前にすべての収納場所を決めておくのはなかなか

難しいと思いますので、実際に建ってから

「ここにこんな収納がほしかった」

というのはよくある事だと思います。

 

リブランでは整理収納アドバイザーやライフオーガナイザーなど、

収納のプロが常駐しております。

 

どうぞお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

こんにちは。リブランの収納レシピへようこそ

 

日常使いのものは、隠したい

けれども、お気に入りは飾りたい♪

そんな欲張りな収納があったら、嬉しいですよね。

170328_img03_s

今回は、マンションの梁下という限られたスペースを魅力的な収納スペースにされた事例をご紹介します。

170328_img01

LDKにあります窓と窓の空間、しかも梁下スペースへ造作家具を作製させていただきました。

カーテン横の壁のように見える部分も、造作家具で作製していますので、はじめからそこにあったかのような一体感があります。

 

梁下の寸法は、まるで計算し尽くされたようにティーカップソーサーがピッタリと収まります。

奥行が浅い収納になりますので、奥行き感を出すために、ミラー貼りを御提案させていただきました。

 

この収納には、さらなるご主人様の愛情が注がれる要素が、隠されております。

170328_img04_s

それは愛犬用の衣類ハンガー収納です。

奥行を利点にしたクローゼットで、お着替えがしやすくなりそうですね。

 

こんな収納があったらいいな♪ を叶えることが出来るのは、オーダー家具ならでは。

こんな家具作れますか?!というご要望がありましたら、お気軽にRe*blancショールームへご相談くださいね。

170328_img02_s

整理収納アドバイザーやライフオーガナイザー資格を持つスタッフが、ショールームにて、お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

リブランの整理収納アドバイザースタッフです。

 

先日納品させていただいたオーダーキッチンをご紹介いたします。

 

6

 

ネイビーとホワイトのさわやかなⅡ型キッチンです。

ネイビーはここ最近人気が急上昇で、よくご希望いただくカラーに

なってきています。

 

こちらのキッチンにも収納アイディアがたくさん盛り込まれています🎵

まずはカウンター。よく見ていただくと、半円のような形に湾曲

しています。

こちらは簡単な食事をしたり、お子様が勉強できるスペースと

なっています。まっすぐではなく滑らかな曲線になっているので

圧迫感も減らせるメリットがございます。

 

キッチンごみ箱収納

こちらがシンク側です。

45Lのごみ箱が2つ綺麗に収まるように設計させていただきました。

オーダーキッチンの場合、シンク下をオープンにして収納いただくケースも

多いのですが、Ⅱ型でカウンターが広めに取れたたため食洗機の横に

配置することができました。この位置であれば使いやすく、ダイニング側からは見えないのが嬉しいですね。サイドパネルにはコンセントをお付けしました。

コンセントを使いやすい位置に付けられるのもオーダーならでは。

大容量の食器収納

 

ガス側の両サイドはトールキャビネットになっており、収納量も

たっぷり。

左側は食品や食器類の収納スペースとなっております。

 

家電収納

 

そして右側は電子レンジや炊飯器などの家電収納です。

使わない時は扉を閉めておけば見えないので、生活感を隠せます。

家事動線も意識したキッチン

 

レイアウトも家事動線を意識して設計させていただきました。

ガスコンロの右横が普段使いの食器収納となっているため、

料理が出来上がったらさっとお皿を取り出せます。

その右横が炊飯器収納になっているので、配膳もスムーズ。

さらにその引き出しの

斜め向かいに大容量のミーレの食洗機の斜め向かいがあるので、

片付けもあちこち動き回る必要がありません。

料理中から片付けまでの動線がスムーズです。

 

料理のスタイルや家族構成はご家庭によってさまざまです。

1日3回必ず使用し、家族や大好きな仲間が集う大切な場所だからこそ、

使いやすく片付けやすいキッチンにすることはとっても大切です。

 

リブランでは整理収納アドバイザーやライフオーガナイザーなどの資格を

もつ収納のプロが常駐しており、貴方にとって使いやすいキッチンや家具をご提案

させていただいております。

まずはリブランショールームでご希望をとことんお聞かせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

リブランの整理収納スタッフです。

今回は海外製のオーブンをビルトインした収納実例を

ご紹介させていただきます。

 

AEGオーブン組み込み工事

 

今回導入させていただいたのはAEG(アーエーゲー)の

オーブンです。

 

国産のオーブンに比べて容量も大きく、200Vなので

短時間でムラなく焼きあがります。

 

国産のオーブンとの一番の違いは色々ございますが、

一番の違いはこちらです。↓↓

 

国産オーブン

 

 

国産のオーブンは、上の画像のように、

加熱機器の下にしか組み込むことができません。

しかも加熱機器と同じメーカーのものでないと組み込めないという

制約がございます。

 

 

ミーレ オーブン

 

海外製のオーブンは国内外問わずどのメーカーの加熱機器の下にもビルトイン

できますし、上の画像のように高い位置にも組み込むことができるんです🎵

 

整理収納の観点から見ると、最も使いやすいのは腰の位置から目線までと

言われています。最も使いやすい位置にオーブンを組み込むことが

出来るのはとっても便利ですね。

海外製のオーブンであれば、いちいちしゃがまなくても大容量の

オーブン料理ができるので、料理好きな方はぜひ海外製のオーブンも

選択肢に入れていただければと思います。

リブランではリンナイやハーマン、パナソニックなどの

国産のオーブンはもちろん、ミーレ、AEG、ガゲナウ、ベルタゾーニなどの

海外製のオーブンもお取り扱いしております。

 

 

 

新築やリフォームをご検討の際にはぜひリブランショールームへ

足をお運びください。

 

 

 

 

 

こんにちは。リブランの収納レシピへお越しいただきありがとうございます。

静岡県浜松市にあります オーダー家具のショールームRe*blancショールームです。

 

お気に入りのグラスを綺麗に見せながら収納したい!

Re*blanc LIVING

リビングボードのお打合せ時にいただきましたお客様のお言葉から、全面をガラス扉にしましたプランをご提案させていただきました。

収納する部分は、ガラス棚を配置し、正面にミラーと照明を組込しています。

ショップのディスプレイにも使われる照明を組込し、お部屋を華やかに演出してくれます。

DSC_0721★

Re*blanc LIVING A

 

ありそうでない。

程よいサイズで造作しましたリビングボードは、ひとつひとつお客様と見え方や使い方を見えない部分からご相談しながら創り上げてきましたので、仕上がりました際には私も感動しました。

 

既成の家具では出来ないサイズ感は、オーダー家具ならでは。

自分サイズの収納をお探しでしたら、整理収納アドバイザーやライフオーガナイザーの資格を持つスタッフもおりますRe*blancショールームへぜひご相談下さい。ご来店をお待ちしております。

 

こんにちは!

浜松市にあるオーダーキッチンと家具のショールーム

テイオー産業リブラン整理収納アドバイザースタッフです🎵

 

今回はダイニングテーブルについてお話しさせていただきます。

皆さんのお宅には、ダイニングテーブルは置かれていますか?

 

「当然あるよ」とお答えの人がほとんどだと思います。

ただよく考えてみてください。

それって本当になくてはいけないものなのでしょうか。

 

家族構成やお部屋のレイアウトによっては、私は必ずしも

必要ではないと考えています。

そんな収納実例をご紹介いたします。

★DSC_0491

 

キッチンの反対側に、ダイニングカウンター(ダイネットカウンター)を

オーダーで製作させていただいた実例です。

 

3人家族なので、普段のお食事はカウンターで3人横並びで

されるスタイルです。

 

実はカウンターの下に可動式のテーブルが2つセットされておりまして、

お客様が見えた際には

s-可動式ダイニングテーブル

 

↑のようにテーブルを動かしてダイニングテーブルとして

お使いいただけるようになっております。

 

テーブルは用途に合わせて横並びにしたり、壁際に寄せたりと

自由に形を変えられます。

 

普段はカウンターの下に収まっているので、リビングダイニング空間を

広くお使いいただけるメリットがございます。

 

 

このように、ダイニングテーブルはあればもちろん便利ですが、

実はかなりのスペースをとる家具でもあるので、

普段お食事される人数やお部屋のレイアウトによっては

必ずしも普段から置いておく必要はないかもしれません。

 

リブランでは整理収納アドバイザーやライフオーガナイザーなどの

収納のプロがスタンバイ。

 

お客様のライフスタイルに合わせて、先入観にとらわれない

キッチンや家具のご提案をさせていただきます。

 

新築やリフォームの際には、ぜひご相談いただければと思います。

 

 

こんにちは!テイオー産業リブランの整理収納アドバイザー

スタッフです。

 

今回は収納アイディアをたくさん盛り込んだ素敵なオーダー洗面の

実例をご紹介いたします。

オーダー洗面

 

エレガントな框組の扉が美しい洗面化粧台です。

框組の扉の場合は、扉を極力大きくし、ラインをそろえた方が

統一感が出てきれいです。

そのため、高いデザイン性を保ちながらも使いやすいよう、内部に

収納アイディアを盛り込みました。

 

まずは引き出しから。

引き出し内部にコンセントをつけました

こちらはドライヤーやヘアアイロン専用の引き出しです。

引き出しの中にコンセントを設けてあるので、すぐに

使えて便利です。

 

ドライヤー収納の下は大きな引き出しとなっています。

深い引き出しはそのままだと使いにくいため、↓のような

工夫をさせていただきました。

 

連動引出し

 

連動式の内引き出しがついており、引き出しを

開けると内引き出しも一緒に引き出されるしくみとなっております。

今回の洗面化粧台は立ちながらお化粧をされるスタイルなので、

内引き出しの方が使用頻度が高くなります。

いちいち扉を開けてから内引き出しを引き出す作業をしなくて

済むので、お化粧のアクションがスムーズになります。

 

 

二方向から使えるキャビネット

 

隣にはトールキャビネットを設けました。

ニッチ収納を設けてあるので、歯磨きセットなど、

普段よく使用するものはこちらに

収納することで、ワンアクションで取り出せます。

通路側からは見えないのも魅力。

コンセントもお付けしたので、シェーバーや電動歯ブラシ等の

充電もできます。

 

s-IMG_0579

 

もちろんミラーキャビネットの中にも収納付き。

2方向からお使いいただけます。

 

いかがでしたか。

 

リブランでは、自社に工房を構えているため、オーダーで

キッチンや洗面、家具をお作りすることができます。

また整理収納アドバイザーやライフオーガナイザーなどの、

収納のプロが常駐しております。

 

デザインにも収納にもこだわりたい方はぜひ一度

ご相談いただければと思います。

こんにちは!

浜松市にあるオーダーキッチンのショールーム、リブランの

整理収納アドバイザースタッフです。

 

今回は整理収納にとことんこだわってオーダーでお作りしたキッチンと

カップボードの実例をご紹介いたします。

 

整理収納キッチン

 

ダイニング側から見るとこんな感じです。アクセントのタイルがおしゃれですね🎵

背面にたっぷりの収納がついているので、取り皿やカトラリーなど、

ダイニング側で使用するものをすぐに取り出す事ができます。

 

オーダーキッチン シンク下にごみ箱

 

こちらがキッチンです。

シンク下はオープンにし、ごみ箱が収納できるようになっています。

幕板やシンク下のスペースを利用して、まな板や包丁など、

シンク周りで使用するものは最低限収納できる工夫を凝らしてあります。

加熱機器はお手入れのしやすいガラストップモデル。
その下にはガスオーブンをビルトインしました。
通常はお鍋やフライパンなどの調理道具は加熱機器下か、

シンク下に収納するケースが多いのですが、今回はシンク下はオープン、

ガスコンロの下にはオーブンがあるためキッチンに十分な収納場所がありません。

 

調理器具収納

 

そこで加熱機器向かいのカップボードにトールキャビネットを設け、

腰から目線までの高さに両開き収納を作製致しました。
この位置にフライパンなどの調理器具をしまえるので、一目でどこに何が入っているか見渡せますし、取り出しの際も腰を屈めることなくでき大変便利です。

調理器具は重いので、万一のために耐震ラッチもお付けしました。

 

カップボード 家電収納

 

家電は極力隠されたいというご希望だったため、

扉で隠せるスライド式の家電収納を2つ設けました。
料理中ご家族の方も行き来がしやすいように、左側の家電収納には

飛び出しが少ないスイングリフトダウン扉を採用いただきました。

 

根菜収納 パンチングメタル

 

トールキャビネットの一番下には通気性の良いパンチングメタル扉を

採用いただきました。
根菜や米びつなどの収納に適しています。

 

家電や調理器具など、色や形もバラバラでごちゃごちゃしがちなキッチン空間も

このように予め収納場所を決めてからお作りすれば、常にすっきりとした状態を

キープすることができます。

 

リブランではこんな風に、既成のキッチン以外にも収納したいものや

家事動線にとことんこだわれるオーダーキッチン、家具という選択肢も

お選びいただけます。1から考えるのが難しい方でももちろん大丈夫。

 

リブランには、整理収納アドバイザー1級や、ライフオーガナイザー1級などの

収納のプロが常駐しております。

お客様のライフスタイルやご希望に合わせて、理想の形を

一緒に作り上げていきます。

 

メーカーのショールームを周られて希望の物がなかった場合は、

ぜひオーダーもご検討いただければと思います。

カテゴリ

最新の記事

PAGE TOP